197dcde9.jpg

321cb3e6.jpg

e77d5184.jpg

b9367d5e.jpg

デイタイフォンでおなかいっぱい食べた後は、トイザラスで買い物をしてそれからスタバでお茶しました。

最近スタバにとんと行っていませんでしたが、うわー、久しぶりにいったら、飲み物が6ドルから7ドルもします。げ、フラプチーノ一杯で屋台でご飯とフレッシュマンゴジュースが飲めちゃいます。

久しぶりにマンゴパッションフルーツを飲みましたがバリでフレッシュなジュース飲んでた後に飲むと、缶詰系の味で感動がありません。
ただスモークフリーの文化を作ってくれたので、今でもスタバに大感謝です。

子供たちを学校に迎えに行ったあと、夕方までずっと遊んで夜は地元の友達と近くのホーカーセンターに夕飯に行きます。

6時半に友達が迎えにきてくれます。
“蟹と屋台のお食事どっちがいい?”と聞かれて、“屋台!”と答えたのですが、結局蟹のお店とホーカーセンターは隣り合わせなので両方実は食べれるとのこと。

Bedok North のHouse of Crab に行きます。

友達が美味しいものを適当に注文してくれたのですが、大好きなロティプラタがあったのでそれも屋台から注文しちゃいました。
卵ロティプラタ、チーズロティプラタ、プレインロティプラタ×2、ジャガイモ2つで5.3ドルでした。
ここのロティプラタ友達も意外にも美味しいと驚いていました。
いつもロティプラタは買うところが決まってて、ここはノーマークだったのだけど美味しいといっていました。ただ、友達が頼んでくれたものがどれもすごく美味しかったので、かすんじゃった気がします。

飲みものは、ライムジュースを頼みました。

友達が頼んでくれたのは、
サンバルカンクン(辛くて美味しいです)
ミゴレン(激うまです)
パイコー(今まで食べた中でも1、2番の美味しさです)
ブラックペッパーキングクラブ(美味しいです)
で57ドルでした。そのうち蟹が40ドルくらいでした。
友達は蟹が20ドル台からすごく値上げしてたのでびっくりしてました。

ここのお店のオーナーはもとジュージアットプレイスでお店をやっていたのですが、ビジネスがうまくいって4店シンガポール内にお店を出したらしいです。
ジュージアットプレイスのお店は私も何度か行ったことがあって、ここのミゴレンを食べてからだんな様はミゴレンラブの男になってしまったので、久しぶりになつかしの味に出会えて嬉しかったみたいです。

友達に連れて行ってもらうお店はいつもとっても美味しいお店ばかりなので毎回会うのが楽しみです!

そのあと友達が買った新しいおうちに連れて行ってもらいました。
以前の家より内装は質素だよと言われましたがすごく素敵でした。
家の中に倉庫みたいなのがあって“何?”と聞いたらシェルターとの事、1980年代、シンガポール政府はちょっとパラノイアがかって、全てのコンド一つ一つにシェルターを作らなければならない法律があったとか。
“仮想敵はどこだったの?”と聞いたら“マレーシア”とのこと。
奥さんのシャーリーはマレーシア出身なので、二人の結婚は韓国人と日本人の結婚と同じ感じだなあって改めて思いました。

友達の家は新しいので、建設も近代的です。見た目はシンガポールシャングリラの新館みたいな感じです。ガラスばりのミーティングルームなんかもあります。
海賊船や砂浜のある子供プールやジャクジーのある大きな大人プールが魅力的でした。9時くらいにプールを見に行ったら、今から泳ごうとしている人達がいてうらやましかったです。