2013年夏 旅の予算
今回の旅行 (私 マレーシア4泊、バリ9泊、シンガポール往復2泊/旦那様 バリ5泊)でどれ位かかったか?ですが、
 
交通費合計122420円
内訳
タクシー合計1720円 タクシー行き1010円(私)、帰り710円(旦那様)     
バス合計=8700円  バス 成田まで行き2800円×2 帰り羽田まで 2000円(私)1100円(旦那様)

エアチケット合計112000円
日本―シンガポール間 マイレージ(税金分5000円) 
+エアーアジア23000円 私の分合計28000円 
日本―バリ(SQ) 旦那様の分 84000円
 
バリ滞在費合計 約163000 円
内訳
ウブド、サヌールのホテルとビザ合計で1080ドル 約110000円
ウブド、サヌールホテルと旦那様の送迎代 1030ドル+ビザ2人分50ドル
(詳細 ウブドホテル80ドル×4泊 85ドル×1泊/バリハイアット150ドル×4泊、送迎25ドル) 
バリ出国税2700円 30万ルピア)
キャッシュ合計 約5万円
 
シンガポール滞在費合計26000円
シンガポールホテル合計12000円(自分の負担分)
(詳細 マンダリンオーチャード329ドル(カード/27000円) /チャンギビレッジホテル198ドル(日本で先払い/約20000円)
カード 14000 (クリスタルジェイド135ドル、デイタイフォン39ドル分)
 
マレーシア滞在費合計約5000円
(詳細 屋台ランチ、クラブでジュース、パンケーキで20ドル
インドカレーディナー15ドル、シーフードディナー20ドル、メイドさんへのチップ10ドル
合計65シンガポールドル 約5000円)

旅行費用合計 316420円 でした。
 
去年より円安だったにもかかわらず、マレーシアでは妹のうちに泊まったり、マイレージ使ったり、トップシーズンを避けて旅行できたので、長期旅行だったわりにはリーズナブルに旅行できました。
バリのインフレはすごいですが、ウブドとサヌールの滞在日数を逆にしたり、色々したらそこそこ安く旅行出来るのだなと実感。

 
両替 

2013年 9月12日 成田空港、三菱東京UFJで両替 
990ドル用意するのに、101445円必要でした。
1ドル102.45円

2013年 9月12日 シンガポールチャンギ空港で両替
5000円→62.25シンガポールドル
(1シンガポールドルが124.5ドル)

2013年 9月16日 シンガポール高島屋で両替
1万円→125ドル

2013年 9月17日 ウブドテラスカユで両替
2万円→2296000ルピア
(1万円が1148000ルピア)

2013年 9月18日 ウブドテラスカユで両替
昼の両替
1万円→1153000ルピア
夜の両替
1万円→1147500ルピア

2013年 9月24日 サヌール バリハイアット正面玄関出て右手の両替屋さんで両替
1万円→1153000ルピア

旅行を振り返って

綺麗な海がとにかく大好きな私達ですが、ギリシャやカンクンのような真っ白いビーチに透きとおるような真っ青な海が近場にはないにも関わらず、バリには毎年行きたくなってしまいます。
なんでかな?って考えるとバリに惹かれてしまう理由が山ほど出てきます。

○田んぼや渓谷、川、蛍等自然を満喫できるウブドとのんびりとしたビーチリゾートサヌールと二つの異なる場所を一度の旅行でいっぺんに味わえる。
○マハギリ、キンタマーニ、ブルーラグーン、ティルタガンガ等色々目で見て楽しめる美しい観光地が山ほどある。
○ウオータースポーツ、ラフティング、お寺、芸能など、色々やること、見るものがある。
○服や小物、石鹸等、センス良く可愛い小物が山ほどある。
○お米が主食のローカルフードもイタリアンやハンバーガー等洋食も美味しくてリーズナブル。
食事面で飽きることがない。
○可愛いカフェやレストランが山ほどある。しかも田んぼの中、渓谷やライステラス、オンザビーチ、ガーデンレストランなどあらゆる種類の景色も楽しめる。
○一日チャーターしてもリーズナブルで足に困らない。タクシー、ベモも安い。
○ガムラン、お寺、濃い闇、南国の木々など、エキゾチックなリゾートを味わえる。
○安価なマッサージ屋さんが沢山ある。
○透明度の高い海やサンゴ礁の綺麗な海、魚の沢山いる海にも2時間位見れば行くことが出来る。
(ハイアットが改装中の間は、今度は海にフォーカスして、ムンジャガン、アメドなんかトライしてみたいです。)
◎ そして何よりも人が本当に優しい。

バリ大好きな理由はいっぱいありますが、一番はやっぱり優しいバリの人達だろうなあと。
他の国は、あそこ行ってあそこで食べてとかそういう風に次の旅行の計画をたてるのですが、バリに限っては、ああ、また早く誰々に会いたいなあ、誰々は元気かなあ?とそういう気持ちで旅行の計画を立ててるのです。
ウブドのマデオディン君、ハイアットのアナムさん、ガムラン演奏のおじ様たち、ジナ、ABマッサージのお兄さん等々。
大好きなハイアット、改装した後も、どうか元の従業員さん達みんなにまた会えますように。
あのお庭もビーチも大好きですが、ハイアットこんなにも好きなのはやっぱりあの従業員さん達がいるからなのです。


シンガポール、マレーシアも勿論楽しかったです。
シンガポールはとにかく勢いがあってオーチャード歩くだけでも毎回ウキウキしますが、屋台のお料理が変わらず安くて美味しくて嬉しかったです。お店のお姉さんと交流も出来てそれも楽しかったです。
そういえば、父は私と母が飲み物を買いに行ってる間、屋台村でお店の人に話しかけられて、「あなたが日本人なのはわかるが、あの二人の女性とはどういう関係?」と聞かれたらしいです。
「あれは僕のワイフとドーターだ。」と答えたら「そんなはずはない。彼女たちはどう見ても日本人ではない!国籍不明だ。わからない!」と言われたらしいです。
確かにいい年した日本人女性で母と私ほど黒焦げの人たちはなかなかいないかも。
最近私が歩く後には白い粉がぽろぽろ。脱皮状態です。当分社会復帰できなそう。

マレーシアでは、甥っ子、姪っ子たちがどんどん大きくなっててあせりました。
いつまで一緒に遊んでくれるかな。いつまでぎゅって抱きしめても喜んでくれるでしょうか。
もう少しだけこのままのチビちゃんたちでいてほしいような。

楽しい旅行でした。