イギリスの妹からまた美味しそうな写真が。

以下、三姉妹のクリスマスの会話です。

妹: 今回特にログケーキうまく出来た。

ブッシュドノエルはイギリスではYule log またはlog cake と言う。

小麦粉なし。卵白と卵黄を別々に泡だててココアを加える。
しっとりケーキに生クリームとチョコバタークリームソース(これはちゃんとチョコレート湯煎で)挟んでロールケーキにする。

D3FC4684-286A-4444-82BD-779E5F560AF9
501C9FBF-0B29-4E3B-BF01-46D89553785D

妹: これが伝統的イギリスの「クリスマスローストディナー
メインはターキーだけどこれでもか!というくらい温野菜もどっさり。

● Red cabbageBrussels sprouts (丸っこい芽キャベツ) 
● parsnip (うーんこの根菜は日本では見たことないなあ。ちょっと甘め。オリーブオイルとハニーかけてローストする。)
●Pigs in blanket (ソーセージのベーコン巻き)
●ターキーの詰め物(ソーセージ肉、栗、クランヴェリー、パン粉、卵、たまねぎ)
●ターキー

5DD67D20-AB22-4C55-8BDA-44B033A3EBCE
47195EA4-E7C8-490D-88C1-C75315D87FB9


妹: Duck fat で作るローストポテトも好評!
F8D92171-9F10-42F7-8163-25F152843750
 

妹: イギリスではバターみたいにブロックでduck fat やらgoose fat がふつうにスーパーで売ってる。
大きめに切ったじゃがいもさんをぐつぐつ茹でている間(これを
parboilと言う)に、オーブンの中でトレイに入れたduck fat を溶かしておく。
じゃがいもが
70%くらい茹で上がったら粉吹き芋みたいにするためにお湯を切ってからちょっと鍋の中でゆする。(こうすると皮が香ばしくなる)。
この巨大版粉ふき芋をば例の
duck fatを熱々に溶かしておいたトレーに戻す。ここかなり怖い。
だってまあつまりは、薄めに引いた揚げ油に大量のおいもを投入するわけだから!

で、おいもさんに満遍なくこのduck fatをかけてあげてオーブンに投入!

高温でいわばこのジャガイモを「揚げる」みたいな感じですな。
さらに恐ろしいのはローストしてる最中に数回は取り出してそーっとそーっと油を満遍なくかけてあげなければならない。
この作業を
basteと呼ぶ。
これを怠るとポテトの表面が美味しくさくっとならない!

かくしてオーブンの中でおよそ30分。

高温のduck fat でローストされたジャガイモさんは外がパリッとサクサクに(ちゃんとbastingしたからね)、中はしっとりと(先にparboilしておいたからね)、風味も良く(質の良いduck fat goose fatを使ったからね)完璧な装いでターキー様と並ぶイギリスローストディナーの準主役として登場するのです!エヘン!わかった!?

ちなみにこれは、ロンドンでお料理教室してた時にイギリス神シェフから教わって、それからいつも大変だけどこのレシピを使ってる。
リチャードもまりのローストポテトが誰のよりも美味しいって!
今まで出したイギリス人の友達や親戚も褒めてくれる
🤩
だから今日もいとこの熱烈なリクエストに応えてトレイ二つ分、ローストポテト作るよう!!

妹: ということで、イギリス料理のローストディナーとは和食のような洗練さは必要なく、ただひたすら根性と勇気が必要なわけ!

ちなみに根性や時間のないイギリス人の主婦は、roasted potato と既にローストして冷凍してあるのを買ってオーブンであっためたりしてます。
でもぜんっぜん風味も味も食感も違うよ。


妹: ちなみにこれはメイプルシロップ、マスタードでローストしたハムね。クリスマスの夜、サラダとこういうでっかいハムを食べます。
ターキーディナーはお昼だから。
いっぱい食べても夜はちょっとなんか食べたくなるからねえ。。。

201AD240-093B-4A26-97C3-56612A03943B


厚木妹: おお、ハムなんだ!なんだろうと思ってたのよ!

大変な手間をかけて、ポテト作るんだねびっくりだよ。

お肉系が多いね、お肉と温野菜とポテト!!イギリスって感じだわー。

それだけ手間をかけたら本当に美味しいローストポテトだろうね。
みんながそんなに喜んでくれるなら、頑張って作っちゃうよね!


イギリス妹: うんうん!あ、だから朝はスクランブルエッグにスモークサーモンとか、夜のサラダにはエビやサーモンをちりばめてシーフードサラダにするよ。確かに肉食だのう!


厚木妹: なるほど!

で、そのポテトさんは何度くらいでオーブンでやるの?焼き上がる頃には、最初に入れといた油はなくなってるの?


イギリス妹: 220度。いや、まだちょっと油残ってる感じかな。だから焼き上がったらすぐトレイからださないと。でもそしたらすぐ冷めちゃうから出来上がったらすぐ食べれるようにタイミング測って作るよ。


厚木妹: タイミングも大事なんだね!せっかくだから熱々で食べたいもんねえ!


私: まり、そのポテトいつか食べたい!イギリス行った時是非食べさせて〜。

てな感じで、食いしん坊姉妹はいつも何かしら食べ物について喋ってるのでした。